1. トップ
  2. 未分類
  3. 自浄作用
自浄作用

口腔内でおこる咀嚼や唾液の分泌といった動作・現象によって自然に生じる清浄力である。

経口摂取を行っていない場合や、ペースト食などを摂取している場合には、口の動きが制限され、唾液の分泌量も少なくなる。自浄作用による清掃効果がほとんど期待できず、口腔内の汚染が悪化し、細菌数が増加することにつながる。そのため、口腔ケアが重要となる。

【口腔自浄作用の主な効果】

1)唾液分泌による自浄効果

2)摂食による歯・粘膜の付着物除去効果

3)含嗽による殺菌・消毒効果

4)歯磨きなどで頬・唇粘膜が刺激されることによる付着物除去効果と口腔内の筋力トレーニング効果

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。