1. トップ
  2. 健康
  3. 一般医薬品の意味って知ってる?1類・2類・3類医薬品を解説
一般医薬品の意味って知ってる?1類・2類・3類医薬品を解説

この前、薬局で薬を買おうとしたら、薬剤師の指導がないと売れないって言われました。

おそらくその薬は第1類医薬品だったんだと思います。
第1類医薬品は薬剤師の指導がないと売れない決まりになっているのです。

第1類医薬品や第2類医薬品って言葉は耳にしたことがあるんですけど、
どんなが違いがあるんですか?

今回は一般医薬品の分類について紹介していきますね。
記事の内容を要約した動画もあるので、時間がない人はこちらを見てください。

一般医薬品とはどんなもの?

医療用医薬品は医師、または歯科医師の診断をもとに処方してもらう薬であるのに対して、一般用医薬品は、処方箋がなくても、ドラッグストアや薬局で購入できる身近なお薬です。

その中でも第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と分類されます。

それぞれどんなものか見ていこう!

第1類医薬品

第1類医薬品は薬剤師の指導がないと購入できない医薬品です。解熱鎮痛薬のロキソニンSプレミアム などが例に挙げられます。

これらの医薬品は、書面を使っての情報提供が義務付けられています。そして、副作用等のリスクが高い医薬品に分類されます。

薬剤師は、性別、年齢、症状、アレルギーの有無、現在使用している薬の種類などを対面で必ず確認し、飲み方を説明・指導する義務があります。どの薬が自分に適しているか分からない場合は、薬剤師が専門の知識を活かして医薬品を提案してくれるので遠慮なく相談しましょう。

第2類医薬品

第2類医薬品は、主にかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤などの薬を指します。副作用等のリスクは中程度に分類され、なるべく薬剤師、または登録販売者から説明を受けてから購入することが推奨されています。

例えば、第2類医薬品として分類される目薬は、充血を取り除く血管収縮剤や有効成分を多く配合するため、防腐剤が含まれています。

第3類医薬品

第3類医薬品は、主にドリンク剤や整腸剤、消化剤などの薬を指します。副作用等のリスクは比較的低い医薬品として分類され、薬剤師、または登録販売者から説明を受けずに購入することができます。

第3類医薬品の目薬は、「人工涙液型」と明記され、涙の成分に近いものが配合されています。防腐剤や血管収縮剤などは含まれていません。しかし、有効成分は含まれていないので効果をあまり感じ取れないという方もいるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

医薬品は、効き目の強さではなく、副作用のリスクの高さによって分類されています。どの医薬品を使用するにしても、自分に合った薬を選ぶことが一番大切です。どれが自分に最適な薬かわからない場合は、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に関係なく、薬剤師、または登録販売者に相談してみましょう。あなたの悩みに合う薬を提案してくれるはずです。

現在、さらに詳しい解説動画をYoutubeで公開中です
皆さんのちょっと気になる情報やくま先生の絵本などを中心に動画をアップしておりますのでぜひご覧ください!

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。