1. トップ
  2. 美容
  3. ハイドロキノンの効果的な使い方って?
ハイドロキノンの効果的な使い方って?

この頃シミが増えたのよね…
シミのない白い肌になりたいんですけど、何かいい方法はありませんか?

では、「ハイドロキノン」を試してみましょうか

ハイドロキノン?ってなんですか?

ハイドロキノンはシミ取り剤といわれるほど高い美白効果を持つ塗り薬です!

そんなものがあったんですね!詳しく教えてください!

ハイドロキノンとは

シミ取り剤といわれるほど高い美白効果をもつ「ハイドロキノン」をご存じですか?

ハイドロキノンとは、シミの原因のメラニン色素の合成を阻害する働きがある薬です。主にシミやそばかす、ニキビ跡の色素沈着などの治療で使われており、今ある肌悩みの部位を薄くする効果があります。

ハイドロキノンを塗布することでシミやニキビ跡の原因となるメラノサイトを減少させる効果もあり、肌の美白効果が期待できます。

ハイドロキノンは市販で購入できるの?

ドラッグストアなどでもハイドロキノンは売られていますが、医薬品ではないため配合濃度が低いものが多く(約1~3%程度の濃度)、より高い効果を求めるのであれば、美容皮膚科で配合濃度の高いハイドロキノン(4~5%程度の濃度)を処方してもらうことをお勧めします。ですが、効果が高い分、濃度が高いので使用上の注意点をしっかり守って使用する必要があります。

効果的な塗り方

効果を最大限に引き出したいからと、シミ部位からはみ出すくらいの量を塗ってもあまり意味はありません。むしろ、顔全体にハイドロキノンを塗布することで、白斑やかぶれを引き起こす恐れがあります。適切な量を薄く、気になる部位にポンポンとやさしくのせるようにハイドロキノンを塗っていきましょう。摩擦は、シミや肌荒れの原因にもなるため、ぐりぐりとハイドロキノンを塗ることは避けてください。また、ハイドロキノンは指ではなく、綿棒を使用して塗布することをおすすめします。

ハイドロキノンは即効性があるの?

ハイドロキノンは即効性がなく、効果を感じられるまで、およそ2~3ヶ月程度は必要とされています。ハイドロキノンは半年間継続して毎日ご使用いただくことができます。6か月以上ご使用を継続されると、肌荒れや白斑を引き起こす可能性がありますのでご注意ください。また、敏感肌の方は、ご使用を1か月おきにする、もしくは2日に1回の使用頻度にすることをお勧めします。

ハイドロキノンは日中も使用して良いの?

ハイドロキノンは1日1回夜だけの使用で十分効果があります。夜にハイドロキノンを塗った場合は必ず朝、洗顔をするようにしましょう。

ハイドロキノンを塗っている間のお肌は紫外線などのダメージを受けやすくなっています。昼間もハイドロキノンを使用したい場合は、必ず紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを塗るようにしましょう。日焼け止め以外にも、日傘や、サングラス、帽子などを併用して、しっかりとUV対策を行うようことをお勧めします。家の中にいても、紫外線は入り込んできますので、外に出る用事がなくてもしっかりとUVケアを行ってくださいね。

正しいUVケアの方法を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ハイドロキノンを塗る順番

5%の濃度のハイドロキノンの場合は、

クレンジング→洗顔→導入美容液→化粧水→美容液→乳液→ハイドロキノン

の順番でスキンケアを行いましょう。また、美白効果を高めたい場合は、美白効果のある美容液をご使用されることをお勧めします。

4%以下の濃度の場合は、保湿剤の前にハイドロキノンを塗っても構いませんが、少しお肌がひりひりした場合は、乳液→ハイドロキノンの順番に戻しましょう。

ハイドロキノンの効果をもっと引き出すには

ハイドロキノンの効果をもっと引き出すために、「トレチノイン」という薬を併用することをお勧めします。トレチノインは、ターンオーバーを早めメラニン色素を外へ排出させる効果があるので、ハイドロキノンのもつメラニン色素の合成を阻害する効果を組み合わせることで効果が倍増します。

また、トレチノインを使うことで皮膚への浸透効果を高める効果も期待できます。トレチノイン→ハイドロキノンの順番で、是非トレチノインと併用してみることをお勧めします。

ハイドロキノンに副作用はある?

個人差はありますが、一般的に1%~3%程度の濃度であれば、刺激もないためお肌に負担なく使用することができるとされています。5%の濃度であれば、効果が感じやすい分、肌の赤みや炎症、白斑などが出る場合があります。はじめにパッチテストをしっかりと行い、お肌に異常が現れたら、すぐに皮膚科に診せにいきましょう。

ハイドロキノンの保管方法

ハイドロキノンは他の化粧品と比べて、酸化しやすいので、なるべく開封後1~2か月で使い切ることをお勧めします。冷蔵庫や、高温多湿や直射日光を避けた場所で保管しましょう。また、クリーム内に雑菌が入り込むことを防ぐため、ハイドロキノンをご使用の際には必ず手を洗い、クリームは綿棒でとるようにしましょう。また、ハイドロキノンを使った後は、必ずキャップをしっかり閉めて、酸化を防ぎましょう。

まとめ

いかがでしたか?

美白に有効といわれている成分の10~100倍もの効果があると言われている‘ハイドロキノン’。使用上の注意を守り、正しく使って、ハイドロキノンで美肌を手に入れましょう!診察料はまた別途費用が発生しますが、ハイドロキノンだけだと2~3千円で購入できますので、是非お試しください。

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。