1. トップ
  2. 未分類
  3. くま先生のお友達 ホッキョクグマについて
くま先生のお友達 ホッキョクグマについて

今日は僕のお友達を紹介しようと思います!

いきなりですね…ちなみにどんなかたなんですか?

ホッキョクグマくんです!とても仲がいいんですよ

え!あのホッキョクグマくんと友達なんですか?

はい!今回は同じクマですが、ホッキョクグマくんについて紹介していきたいと思います!

生活拠点

北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極圏を拠点にしています。

特徴

◉性格

学習能力が高く、力とスピード、強い忍耐力を兼ね備えています。
いつも自分の直感に従って行動し、失敗を恐れないどころか、失敗すら糧にしてしまう逞
しさがあり、細かいことは気にしない大らかさを持ち合わせています。思わず「ついてい
きたい!」と思わせる魅力に溢れています。

◉得意なこと

泳ぐこと!
空気の詰まった体毛が浮力を作り出し、何時間も氷の間を縫って泳ぐこともできるんです。そのスピードは、なんと時速10km。
足の一部は水かきになっていて、前足で上手に水をかき、後ろ足で舵をとります。また水中で2分ほど息を止めることができると言われています。

◉寿命

25-30年

◉体格

メス:体長1.8〜2m 体重150〜300kg
オス:体長2.2〜3m 体重420〜500kg最大800kg前後

◉血液型

くまの種類により、オリゴ糖の存在パターンが違うことがわかりました。
ホッキョクグマ A型・B型
ツキノワグマ B型
エゾヒグマ O型

◉地肌の色

黒色です。 皮膚の色を黒くすることで、太陽の熱を効率よく吸収することができると言わ
れています。 寒い北極ならではの工夫でしょう。

◉毛の色

しろくまとも呼ばれているので、毛の色は白!と思われていますが、実は透明。内部が空
洞になっていて、透過した光が真っ黒な皮膚で反射されます。この反射光と太陽光が、毛
の中の空洞と泡状の無数の穴に当たって乱反射を繰り返すことで、白く輝いて見えます。
白く見える毛は、雪や氷の中で狩の時に自身の姿を消すためのカモフラージュにも役立っ
ています。
また、透明な毛は皮膚まで届いているので、黒い皮膚を暖めます。空洞の毛の内部で熱を
保温する効果があり、透明な毛のおかげで体温は外に逃げることがありません。
毛の空洞に汚れが入り込むと、黄色っぽくなってしまいます。

生態

◉嗅覚

とても優れていて、氷下を泳ぐアザラシの臭いがわかります。

◉狩りと食事

主に若いワモンアザラシを捕食しますが、単独行動のホッキョクグマは、アゴヒゲアザラ
シやタテゴトアザラシも捕食します。
アザラシの他に鳥の卵、コケ、カリブー、クジラやジャコウウシの死骸やセイウチの子供
、氷下で行き場を失ったシロイルカを襲うこともあります。

氷が溶けてしまう6月〜10月は陸地で暮らすため、ベリー類など植物を食べることがあり
ますが、基本的には肉食であり、雑食が多いクマ類の中では特殊な食事をしています。

◉暮らし

ホッキョクグマは陸生の動物ですが、実際には生涯のほとんどを氷で覆われた海の上で過
ごします。 成長したホッキョクグマは主に捕らえた獲物の脂肪を食べますが、これは体
に厚い皮下脂肪を貯え、厳しい寒さを耐えるためです。

◉冬眠

厳密に言うと、妊娠しているメスだけが冬眠をします。それ以外の個体は冬でも活動して
います。
なぜ妊娠しているメスを除いてホッキョクグマ だけが冬眠をしないのかと言うと、主食は
アザラシやオットセイだから。彼らは冬も普通に生活しているため、ホッキョクグマが食
べ物に困ることはない=冬でも元気に活動できる、という訳です。
ヒグマは主食が植物です。もちろん川の近くにいればサケなどを食べることもありますが
、基本的には草や木の実を食べるので、冬になるとそれらが枯れてしまい食料不足になる
ので、エネルギーをなるべく使わずに生命維持するために冬眠をします。
クマはクマでも冬眠するか否かは、それぞれの肉食か雑食かどうかで違うんですね。

◉繁殖と子育て

春から初夏にかけて交尾をすることが多いです。
交尾して着床までの間に雪を掘って巣穴を作り、そこで冬眠し、11月〜1月に通常2頭の子
供を出産します。たまに1頭または3頭の場合もあります。
体長30cm / 体重600g程度で産まれた赤ちゃんは、3ヶ月間お母さんのミルクで育ちます。
子供の成長はとても早く、巣穴から出る頃には10kgにまで大きくなっています。
産まれてから2〜2.5年はお母さんとともに行動し、性成熟に達するのは3年後になります。
子供は別のオスに捕食されることが多く、母親はオスを見つけると、とても警戒します。

◉天敵

子供の頃は、ホッキョクギツネ、ワシ、タカ、同じホッキョクグマのオスが、
大人になると、天敵になるのはシャチぐらいだと言われています。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。