1. トップ
  2. 医科
  3. マイナンバーカードが健康保険証代わりに!?マイナポータルの使用法
マイナンバーカードが健康保険証代わりに!?マイナポータルの使用法

最近、確定申告や年金関係で、マイナポータルを使う機会が増えたのですが、なんか機能が多くてよくわからないんですよね。

確かにたくさんの機能がありますからね。でも使いこなすととても便利なんですよ!
例えば、健康保険証代わりとしても利用できます!

ええ!そんな機能あったんですか!?でも手続きとか面倒なんじゃ、、

そんなことありませんよ!とても簡単です!今日はそんなマイナポータルについて解説しますね

マイナポータルって何?

マイナポータルについて、なんとなく分かっているようないないような、そんな方がまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか。

マイナポータルは一言で言うと、マイナンバーカードの保険証利用のこと

マイナンバーカードを持っていれば、単なる身分証明書ではなく、それを全国の医療機関・薬局で、健康保険証代わりとしても利用できるのです。

マイナ受付のステッカーとポスターが貼ってあるところで使えます。

使い方も簡単! マイナンバーカードをカードリーダーにピッとかざすだけ!

マイナンバーカードと健康保険証を紐づけるために、PCやスマホ、セブン銀行ATMいずれかからお申し込みが必要ですが、一度手続きしてしまえば、いろんなメリットがあるのが特徴です。

例えば、

1.就職・転職・引越しをしても、健康保険証としてずっと使える

2.マイナポータルを通じて、特定健診情報や薬剤情報や医療費が見られる

3.マイナポータルを通じて、確定申告の医療費控除が簡単に行える

  (※2021年9月分以降の医療費通知情報を自動入力することが可能になりました)

4.窓口への書類の持参は不要

マイナンバーカードに色々紐付けることは、もちろんリスクはあります。

一方で、様々な場所で活用できる幅が広がり、便利な面もあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、便利に活用していくか、今までのまま身分証明証のみで使用していくかを、よく検討して、ご自身が本当に関心を持ったタイミングで判断してみてはいかがでしょうか。


監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。