口腔

口裂から咽頭に連なる器官。

口腔は歯、口唇(こうしん)、頬部、口蓋(こうがい)、舌、唾液腺などから構成されている。口腔内は歯を除き口腔粘膜によって覆われている。口腔粘膜は、常に唾液腺から分泌される唾液によって潤っている。

【口腔の主な器官】

1.歯

歯は食べ物を咀嚼するための硬い器官である。食べ物を細かく咀嚼することで嚥下しやすい状態にする。歯はエナメル質、象牙質、歯髄で構成されている。

2.口唇、頬

口唇は口内に食べ物を留めたり、発音や表情を作ったりする働きがある。内側は頬粘膜と頬筋、外側は皮膚で構成されている。

3.口蓋

口蓋とは口腔の天井部分のことであり、発声や発音、嚥下に大きな役割を果たす。口蓋の前方2/3部分は骨成分を含み硬口蓋(こうこうがい)と呼び、後方1/3部分には骨部がなく軟口蓋(なんこうがい)と呼ぶ。

4.舌

舌は哺乳・摂食・発音などの役割を果たす器官である。横紋筋という筋肉で構成された筋肉塊であり、この筋肉の動きによって口内の食べ物の処理や、複雑な言語の発話などが可能になる。

5.唾液腺

唾液腺は唾液を分泌する器官である。唾液には炭水化物の分解や、口腔内での咀嚼、嚥下、発声を助ける働きと口腔内の自浄作用がある。唾液の分泌がないと虫歯の原因となるプラーク(歯垢、歯の汚れ)の発生を抑えることができなくなる。*口腔*言語聴覚士

音声機能や言語機能、聴覚の障害がある人を対象に、その機能を維持・向上を図るため必要な検査や指導、訓練を行う専門職である。1999年に新たに作られた国家資格である。

医療現場ではSTといわれる。言語に関わる問題だけではなく、嚥下機能に問題のある患者に対しても評価や指導、訓練を行う。言語聴覚士の多くは医療機関で勤務しているが、その他、福祉機関や教育機関で勤務している場合もある。対象患者は先天的な疾患のある幼児・小児から脳卒中や認知症を患う成人、高齢者など非常に幅広い。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。