1. トップ
  2. 未分類
  3. 部分切開法(ミニ切開法)
部分切開法(ミニ切開法)

二重ライン上を10mm程切開して癖づけを行います。

切開部分が少ないので、術後の腫れや内出血が少なく済みます。

施術法としては全切開法と同様で、まぶたの皮膚切開線直下の眼輪筋、瞼板前脂肪などの組織を切除することによって皮膚と瞼板前組織を癒着させて二重ラインを癖づけます。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。