1. トップ
  2. 歯の健康
  3. 親知らずって何だろう?くま先生が親知らずを丁寧に解説
親知らずって何だろう?くま先生が親知らずを丁寧に解説

大人になってから生えてくる歯、「親知らず」。平均寿命がまだ短かった時代、その歯が生えてくる頃にはすでに親は亡くなっていることが多かったために、そう呼ばれるようになったと言います。

そんな親知らずにはどのようなイメージを持たれているでしょうか。

「生えればいつかは抜かなければならない」
「生えたまま放っておくと痛みが出るんじゃないか」
「実は自分に親知らずが生えているのかよくわかっていない」

痛みの原因になるといった印象を持つ方から、親知らずについて実は何も知らなかったという方までいらっしゃると思います。

大切な歯を綺麗に保つためには、正しい知識を持つことが重要ですが、それは親知らずにおいても同様です。

そこで、この記事では「親知らずに関する疑問」に歯のコンシェルジュであるくま先生が答えていきます。ぜひこの機会に「親知らず」について学んでいってください。

親知らずってなんなの?

親知らずとは、だいたい10代後半から20代前半に生える永久歯で、前から数えて8番目の歯を指します。

そんな親知らずは上に2本、下に2本の計4本あるのですが、この全てが生え揃っている成人の日本人は約半数と言われています。古代人に比べ、小顔になり顎が小さくなってきているため、親知らずの数は人によって異なります。

「自分には何本の親知らずが生えているのか、知らない」という方は、ぜひ確認してみてください。

また、親知らずは、顎にスペースがないために、工夫して横向きに生えていることも多いです。磨きにくい部分ができたり、食べ物がつまりやすくなるので、横向きに生えていると感じた場合は歯科医院で相談してみてください。

親知らずは抜いた方いいの?

多くの方が気になるのが、生えてきた親知らずをどうすればいいのかではないでしょうか。その答えですが、生え方のタイプによって、対処方法が変わります。

親知らずの生え方は下の3つのタイプに分けられます。

1、まっすぐ完全に生えているタイプ

2、一部が露出しているタイプ

3、完全に埋まっているタイプ

まっすぐ完全に生え、上の歯と下の歯でしっかりと噛み合わせているような1番の親知らずは、実は抜く必要がありません。

逆に噛み合わせに関与していなかったり、横向きに生えてしまった2番のような親知らずは歯周病や虫歯のリスクが高くなるため抜くべきでしょう。親知らずが虫歯になってしまうと、隣にある7本目の歯にも感染するリスクが高くなるので、注意が必要です。

3番目の完全に埋まっているタイプの親知らずは、虫歯の原因となる磨き残しが生まれることはないため、違和感がなければ抜歯をする必要はありません。もし歯茎に痛みや違和感が出た場合は、抜歯の必要性が生じるケースもありますので、不安な方は歯科医院で相談しましょう。

親知らずってどんな治療をするの?

抜歯することに決まった親知らずは、しっかりと生えている場合、麻酔をしてヘーベルという機器で脱臼させて抜くことになります。あまり苦労なく抜けるので、患者さんもそこまで痛みを感じることもなく治療が終わります。

問題は、かなり深い位置に埋まっている親知らずです。下の親知らずの近くには、下歯槽神経など、親知らず周囲の感覚を支配している神経もあるので要注意。3次元のCTで神経がどのように走っているのかを確認してから抜歯を始めます。

横向きの親知らずは以下のような抜き方になります。

親知らずを抜いたあとはどのように過ごすべき?

1分以内に抜けたような簡単な親知らずでもなるべく安静に過ごしましょう。親しらずの抜歯は外科手術ですので、見えない部分で身体には大きな負担がかかっています。

ガーゼを噛んで圧迫止血をした後は渡される痛み止めと抗生剤を飲むと感染予防に効果的です。

また抜歯後は口の中が気持ち悪く、気になると思いますが、なるべくうがいは控えてください。傷口は、血が固まって肉になって骨になって、治っていきます。頻繁にうがいをすると、血が固まらず痛みの原因の「ドライソケット」になってしまいますので要注意です。

親知らずを抜いたあとは痛いの?

「抜歯の後はしばらく痛いんだろうな」と想像されるかもしれませんが、親知らずを抜いた後の痛みは痛み止めでコントロール出来る範囲内ですので安心してください。

また、親知らずを抜いた後といえば、顔が大きく腫れてしまうことをイメージされる方も多いでしょう。腫れに関しては、骨まで切削していれば腫れて当たり前、腫れなければラッキーという認識がいいかもしれません。個人差がありますので、すんなり抜けた歯でも腫れる場合はあります。見た目は痛々しいかもしれませんが、腫れたからといって痛みが全くない場合もあります。

一方で、1週間以上痛みが続く場合も中にはあります。

感染してドライソケットになった場合です。ドライソケットの場合は抜歯をした後2、3日ほどを経てから痛みが強くなってきます

主な症状は顎や口の痛みですがさらに、以下の症状がある場合は抗口腔内の清掃と抗生剤の適応となっていきます。疼痛が強い場合はより強い痛み止めを適応します。

  • 嫌なにおい・口臭
  • ソケット内の目に見える骨
  • ソケットから耳、目、こめかみ、または首に広がる痛み
  • 口の中の不快な味
  • 抜歯部位の血栓の一部または全部の消失

1カ月程度痛みが続く人は稀です。

感染症状もなく、疼痛が続くといった方も見たことがありますが、その場合は、そもそも親知らずではなく原因は他の歯という可能性もあるかもしれません。

歯科医院では痛みや違和感について、よく相談してみてください。

歯を抜きたくない人はどうすればいいの?

親知らずの虫歯リスクや歯周病リスクが高いことはわかるけれど、抜くのが怖いという人は、敢えて抜かずに定期的なメンテナンスをするという手もあります。定期的にクリニックにて清掃していきリスクをコントロールします。

また手術が怖い方には静脈内鎮静麻酔という方法があります。

腕に点滴を行い、寝ている最中に手術を終える方法です。対応している歯科医院はあまり多くないので、抜歯がどうしても怖いという方はぜひ検討してみてください。

まとめ

親知らずの基礎知識からその治療方法まで学んでいきましたが、自分だけで「まあ大丈夫だろう」と判断してしまうのは危険です。親知らずを抜歯するということになっても、基本的にどのクリニックでも保険適応になりますので、気軽に、かつ定期的に歯科医院にて痛みや違和感を含め相談してみることが重要です。

抜歯もやはり体に負担のかかる手術ですから、もし抜歯をすることになれば、メリットとリスクをしっかり説明してくれる先生に手術してもらってくださいね。

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになった。
親切な歯科医の先生のもと、自分も歯医者さんになって子どもたちに歯磨きの大切さを教えることを目指す。
歯科医になったくま先生は、歯科医としての診療のほかに歯と健康の知識を世に啓蒙するためにサイト「くま先生」の立上げを決意した