1. トップ
  2. 歯科
  3. 全国民の歯科検診が義務化される!?「国民皆歯科検診」をくま先生が解説
全国民の歯科検診が義務化される!?「国民皆歯科検診」をくま先生が解説

歯科検診に最後に行ったのがいつか覚えていますか?

健康診断は毎年受診していますが、歯科検診を受けたのは小学生のときが最後かもしれません。

歯科検診を受診している方ってあまりいませんよね。
実は歯科検診が全国民に義務化されるかもしれないのです。

そうなんですか!
政府が義務化を進めるほど歯科検診って大事なものなんですね。

むし歯や歯周病の早期発見にもつながるので、とてもよい取り組みだと思います。
さっそくどんな内容なのか見ていきましょう。

国民皆歯科検診とは

政府が「国民皆歯科検診(こくみんかいしかけんしん)」の導入に向けて、経済財政運営方針の指針に検討を始める旨を明記することがわかりました。

国民皆歯科検診とは、「歯の健康を維持して他の病気の誘発を抑えるために全国民に毎年歯科検診を義務付けるもの」で、むし歯や歯周病の早期発見につながることが期待されています。

具体的な手法としては、健保組合が毎年行う健康診断の際に唾液を提出してもらい、歯周病などの可能性がある人を受診につなげる案が浮上しているようです。

健康診断のときに、一緒に歯の検診をしてもらえるのはとても便利だね!

健康寿命促進に向けた動き

なぜ、政府は歯科検診の義務化を検討しているのでしょうか?

近年の研究で歯周病を放置すると、メタボリックシンドロームや動脈硬化を引き起こすことがわかってきました。

歯周病が引き起こす病気に関して詳しく知りたい方はこちらのサイトも併せてお読みください。

全国民に向けた歯科検診を義務化することにより、むし歯や歯周病の早期発見につなげ、他の病気の誘発を抑える狙いがあるのではないかと考えられています。

また、高齢者は歯を多く残し、よく噛めている人ほど生活の質・活動能力が高いことが知られています。

歯の健康を維持することは身体の健康を維持することに直結するため、これまでも政府は日本歯科医師会とともに、80歳で自らの歯を20本残す「8020運動」などを進めてきました。

国民の健康寿命をのばすことにより、社会保障としての医療費全体を抑えることにも期待がもたれています。

国民皆歯科検診に関して、また新しい情報が発信され次第当ページでも取り上げていきます!

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


コンシェル歯科クリニック

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになった。
親切な歯科医の先生のもと、自分も歯医者さんになって子どもたちに歯磨きの大切さを教えることを目指す。
歯科医になったくま先生は、歯科医としての診療のほかに歯と健康の知識を世に啓蒙するためにサイト「くま先生」の立上げを決意した