1. トップ
  2. 教育
  3. 歯科衛生士の1日を見てみよう!
歯科衛生士の1日を見てみよう!

くま先生!私、将来歯科衛生士になりたいと思っていて、今勉強しているんです。

そうなんですね!

そこで、歯科衛生士さんがどんな1日を過ごしているのか、詳しくお伺いしたいのですが…。

わかりました!それでは、歯科衛生士長の加納先生に1日の流れを聞いていきましょう!

10:30  出勤時間・診療準備

制服に着替えて身だしなみを整えます。着替え終わったら各ユニットの電源を付けたり、最初の患者さんの治療の準備をしたりします。患者さんが気持ち良く治療を受けられるように院内の清掃も行います。

10:50  ミーティング

スタッフ間で共有する情報がある時は、この時間に伝達を行います。

11:00  午前診療開始

患者さんの定期的なメンテナンスや歯科医師の治療のアシスタントを主に行います。

メンテナンスでは、患者さん一人ひとりの口腔内の状況に合わせて歯石取りや歯ブラシ指導、フッ素塗布を行います。終了後は担当の歯科医師からチェックを受け、治療すべき箇所がないかの確認と次回のメンテナンスの間隔を決めていきます。

アシスタント業務では、歯科医師がスムーズに治療を進められるようサポートを行っていきます。

15:00  昼休み

午後の診療に備えてしっかりと昼休み休憩を取ります。

スタッフルームでお弁当を食べる人や、医院の周りにはお店もたくさんあるので外にご飯を食べに行く人もいます。食べ終わったあとはお昼寝をしたりします。体をしっかりと休めることで、午後の診療も集中して取り組むことができます。

午後の診療開始5~10分前には治療の準備を行います。

17:00  午後診療開始

午前診療同様、メンテナンスやアシスタント業務を行っていきます。

午後の診療では、インプラント手術や抜歯などの外科処置もよく行われるので、空いている時間を見つけて使う器具を滅菌し、その他必要な道具を準備します。

時には新患や急患の予約が入り混雑してしまうこともありますが、患者さんの主訴を聞いて的確に歯科医師に伝えることで、スムーズに診療がまわるよう心がけています。

21:00  診療終了

1日の業務が終了します。

その日に使った器具の消毒や、ユニットの清掃・片付けを行っていきます。また、担当した患者さんのカルテの整理を行うこともあります。診療は予約制のため診療が長引くということはほとんどなく、21:30までには帰宅することができます。

まとめ

今回は当院の歯科衛生士の1日の流れをご紹介しました。

歯科医院によって始業時間や終業時間は異なりますが、歯科衛生士がどんな流れで働いているか気になっている方は是非参考にしていただけたらと思います。


コンシェル歯科クリニック

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになった。
親切な歯科医の先生のもと、自分も歯医者さんになって子どもたちに歯磨きの大切さを教えることを目指す。
歯科医になったくま先生は、歯科医としての診療のほかに歯と健康の知識を世に啓蒙するためにサイト「くま先生」の立上げを決意した