1. トップ
  2. 歯科
  3. 乳歯が抜けても永久歯がなかなか生えてこない!!対策や治療法について解説
乳歯が抜けても永久歯がなかなか生えてこない!!対策や治療法について解説

子どもな歯が抜けたんですが、なかなか生えてこないんです。
どうしてでしょうか?

うーん、これはレントゲンで見る限り埋伏歯ですね。生えるスペースがなく、うまく生えてきていないようです。引っ張り出す治療をしましょう!

そうだったんですね!てっきりもう生えてこないものかと思いました

大丈夫ですよ、埋まっているだけできちんと生えています

よかった、、
でも、これからも少し心配なので、子供の歯についてぜひもっと詳しく教えてください!

乳歯がグラグラし始めたらどうする?

一般的に、個人差はありますが5~6歳ぐらいの時期に、乳歯が抜け始めるといわれています。ほとんどは自然に抜けていくケースが多いためあまり生え変わり時期を神経質に気にする必要はありませんが、極端に抜けるのが早い場合は乳歯が脱臼していたり、遅い場合は埋伏歯や永久歯先天性欠如の可能性がありますので歯科医院にご相談ください。

乳歯はグラグラと揺れ始めるまでは基本的にほっておいても大丈夫です。また、歯が揺れ始めてから最終的に抜けるまで数か月かかることがあります。

乳歯がグラグラしている状態ですと、食事や歯磨きの際に痛みを感じてしまう場合があります。乳歯がグラグラと揺れ始めたら舌や指などで軽く揺らし、軽く引っ張ってみるなど軽い刺激を与えてあげることで、自然に抜けるようになります。

この時、力任せに乳歯を抜こうとするのは、周囲の歯肉を傷つけたり、歯が途中で折れる原因にもなりますので絶対にやめましょう。歯を手で軽く引っ張る際には、雑菌が入らないように手を清潔に洗いましょう。

軽い刺激を数か月与え続けていてもなかなか乳歯が抜けないという場合には、自分で力任せに抜くのはリスクがありますので、歯科医院で抜歯してもらいましょう。

歯科医院では、局所麻酔を使用するため、痛みを全く感じることなく歯を抜くことができます。

また、歯を抜いた後は、止血をするために20分程度ガーゼを噛んでいただきます。ガーゼを噛むことで圧迫止血になるので、殆どの出血は止める事が出来ます。

永久歯が生えてこない時、考えられる理由

乳歯は抜けたのに永久歯が生えてこない場合は永久歯が埋まっている「埋伏歯」や、生まれつき歯が生えてこない「永久歯先天性欠如」の可能性があります。「埋伏歯」は、歯が歯茎や骨に埋まっている状態のことを指します。

埋伏歯

「埋伏歯」は歯が生えるスペースが足りない、歯と骨が癒着しているなどが一般的に原因とされています。

矯正治療を行い、埋まっている歯を歯茎から引っ張り出して本来の位置に戻す治療が必要となります。

永久歯先天性欠如

「永久歯先天性欠如」は、生まれつき歯が生えてこない状態のことを指します。

これはあごの骨のなかの歯の芽である「歯胚(しはい)」が何かしらの異常が生じた場合に起こる症状です。「永久歯先天性欠如」は10人に1人の割合でおり、そこまで珍しい症状ではありません。

一般的に永久歯の本数は28本前後といわれていますが、先天性欠如の方の場合、6歳以降も永久歯が生えてこないので、歯と歯の間に隙間ができてしまいます。その結果、歯並びが悪くなったり、歯と歯の間に食べかすが入りやすくなるなどの症状が生じます。

「永久歯先天性欠如」の方の場合、大人になると徐々に乳歯が抜け落ちてしまうので、歯の隙間を歯科矯正によって改善させていく必要があります。

また、「永久歯先天性欠如」は大人になると、歯科矯正での治療が難しくなりますので、なるべく早い段階から治療をすることをお勧めします。

その他にも、インプラント治療、部分入れ歯、ブリッジなどの治療があります。

インプラントでの治療は、虫歯や事故で歯を失った人、永久歯先天性欠如の方が受けられます。歯の種類は問わず、1本の歯からすべての歯まで可能です。インプラントは、なくなった歯の部分の顎の骨に歯根の役割になるネジを埋め込み、先端に人工歯をつける治療法です。審美的にも優れており、ブリッジや入れ歯と違って周りの健康な歯へ影響を与えないことが最大のメリットです。

部分入れ歯とは、なくなった歯を部分的に埋める治療法です。プラスチック製の歯茎に似た土台を、金属で隣同士の歯に引っかけて固定する処置方法です。自分のお口に合った部分入れ歯なら、咀嚼(そしゃく)や発音も問題なくできます。

ブリッジとは、名前の通りなくなった歯を中心に両隣の歯に人工歯の「橋」を被せる治療法です。両隣の歯を、周りから削って柱のような形にし、上から人工歯をはめ込みます。

部分入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリットとデメリットについて詳しく記載してありますので、こちらの記事もご参照ください。

まとめ

いかがでしたか?

乳歯がグラグラするけど抜けない、乳歯は抜けたのに永久歯が生えてこないなどお悩みの方は是非 ‘コンシェル歯科クリニック’にご相談ください。また、乳歯が抜けてないのにその付近から永久歯が生えてきた場合は、歯並びに悪影響を及ぼすので、早めに治療にお越しください。歯科口腔外科出身の医師が、何が原因か正しく見極め、適切な治療をご提案いたします。

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。


コンシェル歯科クリニック

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。