1. トップ
  2. 歯科
  3. くま先生が教える治療後の注意事項
くま先生が教える治療後の注意事項

今回は、患者さんへの治療後の注意点を紹介していくよ

虫歯治療後(CR充填、保険の白いプラスチックの治療)の注意点

・充填後、30分ほどご飲食を控えるようにしましょう

・過度な力が加わると破折する可能性がありますので、注意が必要です。

・時間とともに変色が起こります

・治療の刺激によって一時的に歯がしみることがありますが、徐々に落ち着くことがほとんどです。痛みが続くようでしたら、ご相談ください

虫歯治療後(インレーセット)の注意点

・セット後、30分間ご飲食を控えましょう

・セット後1週間程度は、温かいものや冷たいものがしみることがあります

・柔らかい食べ物から噛んで慣らしましょう

・ご利用いただいたあと、必要に応じて調整をいたしますので1週間でのご来院をお願いしています

虫歯治療後(クラウンセット)の注意点

・セット後、30分間ご飲食を控えましょう

・神経が生きている歯の場合、一時的にしみることがあります

・押されるようなきつい感じがありますが、数日で消失します

根管治療後(歯の神経を取った後)の注意点

・歯の根の先を刺激した事によって、痛みが出ることがあります

・痛み止めが処方された場合は、必要に応じて飲んでください

・治療中の歯では強く噛まないように気を付けましょう

・麻酔が切れるまでは、咬傷や火傷に注意が必要です

・治療は一度では終了しません。完結するまで必ず継続して来院してください

・白い仮蓋の表面が取れることがありますが、全て取れることはあまりないので過度な心配は不要です

・白い仮蓋が全て取れてしまった場合はご相談ください

麻酔後(浸潤麻酔)の注意点

・麻酔は2〜3時間程度効果が持続します

・麻酔が効いているうちは、咬傷や火傷に注意しましょう

・食事はなるべく麻酔が切れてからにしてください

・常温であれば水分摂取は問題ありません

・特に小さいお子さんの場合、頬や唇を噛まないように注意して見守るようにしてあげてください

抜歯後の注意点

・当日は飲酒、熱いお風呂への入浴、サウナ、激しい運動等の血流が良くなることはお控えください

・当日は強いうがいを避けてください

・喫煙によって血流が悪くなり傷が治りにくくなるため控えるようにしましょう

・翌日まで唾液に血が滲むことがありますが心配ありません

・時間が経っても出血が続く場合はご相談ください

・2日目をピークに腫れる事がありますが徐々に落ち着きますのでしばらく様子をみてください

・処方された薬は指示通りに服用してください

・麻酔がきれると痛みが出ますので我慢せずに痛み止めを服用してください

・傷口は気にせず、触りすぎないようにしましょう

・傷口に歯ブラシが当たらないように注意して歯磨きしましょう

・翌日は消毒にお越しいただいております

・縫合した場合は、1週間から10日程度で抜糸しますのでお越しください

・痛み止めが効かないほど痛みがある場合はご相談ください

歯周治療後(歯石除去後)の注意点

・歯肉の炎症が引き、歯が長くなったように感じる事があります

・数日は知覚過敏が起こる事があります

・歯石を除去して歯の形が変わったように思いますが、その状態が本来の歯の形ですので慣れるまで様子を見てください

・歯茎の深くまで歯石がある場合は、数回に分けて処置を行う事もありますのでその際は継続して来院いただいております

仮歯、仮蓋後の注意点

・処置後、30分間ご飲食を控えてください

・仮歯や仮蓋は取れやすくなっていますので、強く噛んだり、食いしばったり、粘着性のある食べ物は避けるようお願いします

・その場所にはフロスや歯間ブラシを通さないようにしてください

・取れてしまった場合はお早めにご連絡ください

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。