1. トップ
  2. 未分類
  3. 子供のむし歯を予防する「シーラント治療」とは?
子供のむし歯を予防する「シーラント治療」とは?

子供がむし歯にならないように早いうちから予防したいと思っているのですが、何か良い方法はありませんか?

それなら「シーラント治療」をされてはいかがでしょうか?

シーラント治療?ってどんな治療なんですか?

虫歯になりやすい奥歯の溝を、レジンで埋める治療ですよ!
痛みもないのでお子さんにお勧めです!

そんな治療法があったんですね!ぜひ詳しく教えてください!

シーラント治療とは?

シーラント治療とは、虫歯になりやすい奥歯の溝を、フッ素成分が配合された「白いプラスティックの詰め物」であるレジンで埋めてしまい、光を照射して固める治療法です。

シーラント治療をすることで、食べ物の残りカスや汚れが歯の溝に入ってしまうことを防ぐ効果があり、むし歯になるリスクを減らすことができます。また、フッ素の働きにより、歯質も強化されますので、より虫歯になりにくくなります。

レジンは、身体に害を及ぼす心配のない素材でできているため、安心して治療を受けていただくことができます。

シーラント治療は、歯質を強化し、再石灰化を促進するフッ素塗布と並びに、子供のむし歯治療予防の一つです。

ただし、シーラント治療は、一定時間お口を大きく開けたままでいないと治療ができないため、それが難しいお子様にはフッ素塗布を提案させていただいております。

シーラント治療のメリットとデメリット

シーラント治療は歯を削ることがないため、痛みは伴いません。歯の溝にプラスティック材を塗って固めるだけでむし歯予防ができるため、小さいお子様におすすめの治療法となります。

デメリットとしては、歯の溝にプラスティック剤を流し込み固めているだけなので、固いものやキャラメルなどの粘着質のある食べ物を食べると外れてしまう場合があります。シーラントは比較的とれやすいので、とれたらその都度、歯科医院でやり直す必要があります。

治療対象の歯は?

シーラントは奥歯の溝や前歯の裏の溝にのみむし歯の予防効果があるため、歯と歯の間に塗ることはできません。シーラント治療だけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを用いて毎日デンタルケアをしっかり行うことが大切です。

また、すでにむし歯になっている歯またはむし歯になりそうな歯にはできないため、シーラント治療は早めに行うことが大切です。

誰でもシーラント治療はできるの?

シーラント治療は、大人のむし歯予防にも効果があり、どなたでも治療を受けていただくことができますが、主に永久歯に生え変わったばかりのタイミングでよく行われています。

また、12歳までの子供で、初期のむし歯と診断された乳歯か生えたての永久歯にのみ、保険が適用されます。生え替わったばかりの永久歯は、奥歯の溝が深いため、歯ブラシが届きにくくむし歯になりやすくなっています。また、歯質も弱いため、むし歯の進行も早いのです。

もちろん、大人のむし歯予防にも効果がありますが、大人の歯は、歯がすり減って溝が浅くなっている場合が多いため、あまりシーラント治療を必要としないことが多いです。

まとめ

いかがでしたか?

シーラント治療をした後の歯の表面は見えにくいため、むし歯の発見が遅れてしまうことがあります。シーラント治療をしても、これでむし歯予防は大丈夫と思わずに、定期的に歯科医院で定期検診をうけていただくことが必要です。

子供のむし歯予防に是非おすすめしたいシーラント治療。ご興味のある方は、是非‘コンシェル歯科クリニック’にご相談ください。

監修

コンシェルクリニックグループ代表

医療法人社団航路会理事長


小谷 航(こたに わたる)

グループには、コンシェルクリニック歯科クリニック新宿本院・市ヶ谷コンシェル歯科クリニック・金町コンシェル歯科クリニック・コンシェルこまえ耳鼻科クリニック・id美容クリニック・東村山歯科矯正歯科・コンシェルデンタルラボ等を擁し、各種専門医が協力して顎顔面領域に特化した医療を提供している。


コンシェル歯科クリニック

投稿者プロフィール

くま先生
くま先生
くま先生は幼少期に歯を痛めたことで歯磨きの重要さを身に染みて感じるようになり、歯科医を志した。
歯だけでは治療が完結しないことからも、診療の傍らで医療分野全体における「歯と健康の知識」を世に広く啓蒙している。
歯科における審美治療にも携わるとともに、韓国美容にも精通している。